奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

野球ファンら5116人来場、産官学でガッチリ 球場満員プロジェクト


 佐藤薬品スタジアム(橿原市)で23日、オリックス野球クラブ、県、帝塚山大学の産官学が連携してプロ野球公式戦を運営する球界初の試み「球場を満員にするプロジェクト」が行われた。ウエスタン・リーグ公式戦、オリックス―阪神戦のほか、プロ選手による野球教室が行われるなど、大勢の家族連れらが訪れた。

野球教室で楽しむ子供たち

野球教室で楽しむ子供たち

 プロジェクトは、オリックスの運営会社のオリックス野球クラブと県、帝塚山大が連携。帝塚山大学経済学部、経営学部の学生が中心となり、協力企業集めやアンケートによるマーケティング調査など約半年かけて試合開催まで準備を進めてきた。

 この日は、球場名がワンデイニックネームで「佐藤薬品バファローズスタジアム」となり、天理大の学生も観客の整理やチケット回収などの運営に参加。試合前に選手のサイン会、親子でのスタメン紹介が行われ、試合後には少年少女野球教室が開かれるなど、選手とファンたちが交流を深めた。

 試合は阪神が5―2で勝利。来場者数は5116人と、奈良で開催された2軍戦では過去最多の数字だという。
プロジェクトでマーケティングを担当した帝塚山大学経済学部3回生の山本修司さん(20)は「こんなにお客さんが来てくれるとは思わなかった。マーケティングを実地で勉強できた経験は、社会人になったとき生かせると思う」と話していた。

野球教室で楽しむ子供たち

野球教室で楽しむ子供たち

 野球教室に参加した香芝市の小学2年、古元伶奈さん(7)は「野球をしたのは初めてだったけど、ボールを投げるのが特に楽しかった。また、野球チームに入ってプレーしてみたい」と笑顔で話していた。

【関連記事】帝塚山大が「球場を満員にするプロジェクト」

【関連記事】異次元に誘拐された親友を助けろ-観光アプリ「シギサン8」 奈良県と帝塚山大の学生が開発

【関連記事】帝塚山大が創立50周年記念し微発泡酒「酒輪」限定販売

【関連記事】お殿様の献立を弁当に 帝塚山大など開発 奈良

【関連記事】「古代モモ」ってどんな味! 奈良の農家と帝塚山大が連携、商品化

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。