奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【奈良の食】人気店「洋食 春」が新大宮にバーガー、サンドの専門店


%e6%98%a5%e3%80%80%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%b8%ad%e6%9e%97%e5%a4%a7%e6%a8%b9%e3%81%95%e3%82%93 ならまち(奈良市)の人気店「洋食 春」が、奈良市大宮町の近鉄新大宮駅南側に、バーガーとサンドの持ち帰り専門店「春」を出店した。新たに開発した具材やこだわりパンを使った逸品で、オーナーの中林大樹さん(38)は「奈良の新しい〝おみや(土産)〟になれば」と意気込んでいる。
中林さんは福岡県北九州市出身。地元の洋食店で18歳のころから修業したが、20代前半のころ、仕事中に包丁で負ったけがのため、左腕の激痛に苦しむように。治療のため、病院探しを転々とし、たどり着いたのが奈良市だった。
結局、左腕は肘上から切断。だが、「『必ず春は来る』。だから、一緒にがんばろう」と奈良の病院長に励まされて移住。「お世話になった病院の人や奈良の人たちに恩返しを」と、平成23年10月、ならまちに「洋食 春」をオープンした。
「慣れれば右腕だけでも十分料理できますよ」と笑顔で話す中林さんは、スタッフの誰よりも仕事の手が速い。大和牛とヤマトポークの合い挽き肉を使った特製ハンバーグなどが評判となり、店は観光客だけでなく地元の人も通う人気店に。今年8月、イベントへの出店用に作った「ならまちサンド」が大好評だったことから、持ち帰り専門店オープンに向けて新たにメニュー開発に取り組んだ。
おいしさにほれ込んだ天然酵母食パン専門店「プルンニャ」(京都府城陽市)のオーナーを口説き落とし、小売りのみだった同店の食パンの卸販売に加え、オリジナルのバンズ開発を依頼。さらに、本店では出していないミンチカツに、「実は苦手」という奈良漬けを使ったタルタルソースをトッピングした「ならまちサンド」(税別1300円)と、本店で人気のハンバーグとミートソースをサンドした「はるバーガー」(ポテト付きで税別千円)の2品を作り上げた。

「はるバーガー」(左)と「ならまちサンド」

「はるバーガー」(左)と「ならまちサンド」

かぶりつくと肉汁があふれ出す「はるバーガー」は、チーズや目玉焼きのトッピングも可能。端までしっかりカツが挟まった「ならまちサンド」は、奈良漬けの甘みと食感が絶妙なアクセントになっている。
午前11時半から営業する「春」は、売り切れ次第閉店。日曜定休。注文を受けてから作るため、急ぐ場合は電話予約がお薦め。問い合わせは同店(☎0742・36・9115)。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ