奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【あっ、これ食べたい!】御陵餅本舗 甘さ控えめのあん、県外からの常連客も多い


あっ、これ食べたい!1 奈良県天理市柳本町の崇神天皇陵近くにある「御陵餅本舗」。 「実は小豆を食べるのが苦手だった」という店主、田代幸義さん(58)が作るあんこは、北海道十勝産の中納言をザラメで炊いた甘さ控えめのあんで、県外からの常連客も多い。
「田舎おはぎ」は少し大ぶりな昔ながらのおはぎ。朝から作った分が無くなれば、注文後に手早く包餡していくという。タイミングが合えば、手早くおはぎが握られる様子も見ることができる。
古墳の形をイメージした「御陵焼もち」は、粘りとコシのある佐賀県産のヒヨクモチを高温で一気について包餡後、一度冷ましたものに、高温の銅板で軽く焼き目をつけている。食べてみると、ぷにっとやわらかなもちがよく伸び、あっさりとしたつぶあんとよく合う。大きめだが、ペロリと完食してしまった。添加物は一切使っていないそうで、日持ちはしないがいくつでも食べたくなる。
普段は製造から販売まで一人でこなす田代さんだが、お彼岸には家族も応援にかけつけるとか。お彼岸のお供えに、いかがでしょうか。  (朋)

【住所】天理市柳本町1536
【連絡先】☎0743・66・3035
【営業時間】午前9時~午後6時
※売切れ次第閉店
【定休日】水曜(3月28日は休業)
【メニュー】田舎おはぎ(あんこ、きなこ各151円)、御陵焼もち(しろ、よもぎ各151円)など

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ