奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【やまと人巡り】 「大和茶のよさ伝えたい」 月ヶ瀬健康茶園代表、岩田文明さん(42)


【やまと人巡り】岩田文明さん ポーズ① 「月ケ瀬の山、川、自然。茶園を囲む環境が大好き」。朴訥とした口調で茶園の魅力を語るのは月ケ瀬健康茶園代表の岩田文明さん(42)。茶園で農薬、化学肥料を使わない有機栽培を続ける。
奈良県北東部の「大和高原」はその冷涼な気候から300年以上前から茶栽培が盛んだった。「大和茶」と呼ばれる奈良の名産品で、実家は明治から続く茶農家だ。
就農のきっかけは大阪の食品卸会社でのサラリーマン時代。研修でドイツへ渡り、現地の紅茶のおいしさに感銘を受けた。実家も周りも緑茶農家がほとんどだったが「『茶農家だから緑茶』ではなく、紅茶を作れないか」と26歳で月ケ瀬へ戻り、紅茶を育て始めた。
8㌶の茶園は家族やスタッフら10人ほどで運営する。紅茶のほか煎茶、ほうじ茶などの茶は生産から加工、販売まで全て茶園で行う。栽培も「化学肥料は茶の味に影響を与えてしまう」と落ち葉や雑草、粉砕した笹のチップを茶畑に敷き詰め肥料にしている。日当たりが悪ければ山を手入れし、「茶の育つ環境を作ってあげる」ことを第一に考える。
「奈良で生まれ育った。だから、大和茶のよさを伝えることが使命」と今は初夏の収穫に向け、茶園を駆け回っている。  (啓)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ