奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

新企画【あっ、これ作ろ!】 1時間で作れる絶品の味 イチゴジャムバナナ風味


イチゴの季節になりました。「あっ、これ食べたい!」で紹介した、旬の素材で添加物を使わないジャムを製造・販売する「confiture cotocoto」(奈良市あやめ池南)のコンフィチュール作家、奥田晶子さん(45)に自宅でも作れるイチゴジャムのレシピを教えてもらいました。挑戦したのは、「イチゴジャムバナナ風味」。バナナを使うことで砂糖の量が減らせ、ペクチン剤を使わなくても十分とろみがつきます。バナナとレモンが効いたやさしい味わいで、色もかわいいピンク色。約1時間程度で完成する絶品ジャム、ぜひお試しを!  (朋)

【材料】
イチゴ3パック(約750㌘)、バナナ1本、レモン汁小さじ1杯、砂糖50㌘(てんさい糖がお薦め)=写真①

①

【作り方】
①イチゴはヘタがついたまま洗い、ヘタを切り落とした後キッチンペーパーで水気をとる
②イチゴを4等分(大きい物は6等分)に切って鍋に入れ、半量の砂糖と混ぜ合わせ、強火で炊く=写真②

②

③丁寧にアクを取り、イチゴの色素が出て白くなれば火を止め、粗熱が取れるまで置く(※こうすることで、イチゴに色が戻る)
④バナナのスジを取り除き、縦長に4等分後薄く切り、レモン汁と合わせておく
⑤粗熱の取れた③に④を入れ、再び強火で炊き、アクを取る=写真③

③

⑥味見をしながら残りの砂糖を入れ、少しとろみがついたら火を止める(※火を入れすぎると色や味が落ちます。鍋底を軽くヘラで刮いだ時に、軽く「道」ができてすぐ戻る程度で止めましょう)=写真④

④

⑦熱いうちにビンに入れ蓋を閉めて逆さまにしておく
【ワンポイント】
※砂糖が少量なので日持ちはしません。早めに食べ切りましょう。

バナナを入れず砂糖の量を増やすと、シンプルなイチゴジャムに。最後にブランデーを入れてアルコールを飛ばせば「大人の味」になります。ホワイトチョコを一かけ入れるなど、いろいろアレンジもできます。

confiture cotocoto 3人の子育てをしながら、自宅横の工房で「生産者さんの思いを大切にしながら素材と向き合い安心して食べられるものを」と日々コンフィチュールを炊くコンフィチュール作家、奥田晶子さんが製造、販売。ホームページ(http://confiture-cotocoto.com/)で常時約30種類のジャムやソース、シロップを販売している。(☎090・8534・9288)


旬の食材を使って作るおいしい食べ物の作り方をプロに教わり、わかりやすく紹介します。今後、随時掲載します。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ