奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【榊莫山と紫舟のシンフォニー②】 榊莫山「土」  太古のイメージを表現


 制作年不詳 絹本 額装 44×46㌢ 三重県立美術館蔵

制作年不詳 絹本 額装 44×46㌢ 三重県立美術館蔵

榊莫山は旧制上野中学校で松永楳園に書を習うなど早くから書になじみました。中学5年生の時に書いた「樂志論」(出品番号3)からは、榊の早熟な才能が感じられます。
満19歳で終戦を迎えた翌年、榊は奈良の書家、辻本史邑(しゆう)に入門し、中国の古典の臨書や漢詩を主題とする書の制作を行いましたが、それに留まることなく自身の書を模索していきました。主題に関しては、漢詩から日本の現代詩へ、さらには自身の言葉へと対象を移しました。また、石に漢字1字を刻むようになり、やがて石の彫刻の陰影を墨で表現する仕事に取り組み、「土」「行」「女」など漢字1字の書作品を生み出しました。
とりわけ「土」は榊にとり重要な文字でした。榊は、太古に「土」という漢字が生まれたとき、2本並んだ横棒には果てしなくひろがる地表と地中、それを貫く1本の縦棒には、地中に埋もれた一粒の種子が地表を破って発芽する姿というイメージが込められていたことを知りました。そして、そのイメージを表現しようとこの主題を繰り返し取り上げました。
本展では「土」を3点展示しており、それぞれ表現が異なります。掲載の1点(出品番号2)では、水を多く含んだ淡墨線に現れた墨のむらが豊かな味わいとなっています。  (県立美術館学芸課 稲畑ルミ子)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ