奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【榊莫山と紫舟のシンフォニー③】 榊莫山 「寒山拾得」 力みのない独自の書風で書き添え


 平成6(1994)年 紙本金地 屏風 166・5×183㌢ 三重県立美術館蔵

平成6(1994)年 紙本金地 屏風 166・5×183㌢ 三重県立美術館蔵

寒山と拾得は唐時代の伝説的な人物です。寒山は、その作とされる詩からうかがうと、世俗を嫌い、世の無常を憂い、俗界と絶縁して山中に隠棲しました。自然の中で道教の書物や仏教の経典、古人の詩を読み、また世の中を厳しく批判し、人々から風顚と呼ばれました。
拾得は、天台山国清寺の豊干禅師に育てられ、国清寺の台所の仕事をしたといいます。寒山と拾得は親交があったとされ、一対で、また豊干禅師とともに絵画の主題となりました。
榊莫山は寒山・拾得に絵心を刺激され、繰り返し描きました。この屏風では、世俗を超越したような2人の姿を自由な筆致で墨描きし、寒山には経巻、拾得には箒を持たせています。2人の背後に満月を描いているのは、寒山作とされる詩の中の「円月上寒山(円月 寒山にのぼる)」によっているのかもしれません。そして、寒山の言葉「山ヘイコカ 川ヘイコカ」と拾得の言葉「イヤジャ 空ヘイコヨ」を、力みのない独自の書風で書き添えています。2人の仲の良さや、自然の中で自由に暮らす様子が伝わってきます。   (県立美術館学芸課 稲畑ルミ子)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ