奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【命の大切さ】 「やさしい心が一番大切」 いじめ自殺で長女亡くした小森美登里さん


光明中学で講演する小森美登里さん

光明中学で講演する小森美登里さん

高校1年生だった長女を、いじめを苦にした自殺で失った横浜市の小森美登里さん(60)が奈良県生駒市の市立光明中学校で講演し、生徒381人を前に「互いに認め合い、大切にし合う心を養って」と呼びかけた。
同校は今月を「命の大切さを考える月間」と定め、さまざまな取り組みを実施している。小森さんはいじめ問題の解決に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」(神奈川県川崎市)で理事として活動しており、同校では「やさしい心が一番大切だよ」をテーマに、自身の経験などを語った。
小森さんの長女、香澄さん=当時(15)=は平成10年、クラスメートなどから「言葉の暴力」を受けて自殺した。亡くなる前、市の青少年相談センターで親身に話を聞いてくれた相談員を「スポンジみたいな人」と表現、明るさを取り戻したこともあったといい、小森さんは「助けを必要としている人がいたら話を親身に聞き、そのまま受け止める『スポンジみたいな人』になって」などと語りかけた。
同校3年の生徒会長、浦島陽太さん(15)は「命の尊さ、大切さを学ぶことができた。誰かが悩んでいたら話を聞いてあげられる人になりたい」と話していた。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ