奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【路線価】 7年連続下落幅縮小 都市部と南部地域との差、ますます鮮明に


奈良県内の最高路線価となった奈良市東向中町の大宮通り

奈良県内の最高路線価となった奈良市東向中町の大宮通り

3日付で公表された平成29年分の奈良県内の路線価は、対前年の平均増減率はマイナス0・4%で9年連続の下落となったものの、7年連続で下落幅は縮小した。税務署ごとの最高路線価は奈良、葛城の2税務署管内で上昇したが、県南部では横ばいか下落しており、都市部と南部地域との差がますます鮮明になっている。
県内の最高路線価は、奈良税務署管内の奈良近鉄ビル前の大宮通り(奈良市東向中町)の56万円で、34年連続で最高。対前年の上昇率は3・7%だった。マンションやホテル、店舗ビルなど用途の多様化が進んでいることや、観光客の増加が上昇の要因とみられる。
葛城税務署管内の最高路線価は、近鉄大和八木駅前南通(橿原市内膳町)で26万5千円。近鉄大阪線と橿原線の結節点で、駅南側にはホテルなどが入る新庁舎(複合施設)が平成30年2月に完成予定。今後、新庁舎オープンによる波及効果が期待されている。
前年と横ばいだったのは桜井税務署管内。近鉄桜井駅前の桜井駅北口線(桜井市川合)で、11万5千円だった。市役所など行政機関の玄関口で、幹線道路沿いへの商業施設の新規出店はあるものの、人口減少や高齢化率が高いことが横ばいの一因とみられる。
一方、10年以上下落が続いているのは吉野税務署管内で、最高路線価は近鉄下市口駅前(大淀町下渕)の4万5千円(マイナス2・2%)。林業の衰退とともに人口減少や高齢化の進行が顕著で、今後も下落傾向が続く見込みという。
 路線価は、主要道路に面した1平方㍍あたりの土地の評価額。土地の相続や贈与を受けた人の税額を算出する基準となる。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ