奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【鹿角抄(コラム)】 災害取材に思うこと  九州豪雨災害の現場で


行方不明となっている男性の捜索をする自衛隊員=11日午後、福岡県朝倉市(志儀駒貴撮影)

行方不明となっている男性の捜索をする自衛隊員=11日午後、福岡県朝倉市(志儀駒貴撮影)

11日朝、九州北部を襲った記録的豪雨で発生した災害を取材するべく、福岡県へと向かった。3年前の広島市の土砂災害、昨年の熊本地震に続き、被災地での現場取材は今回で3カ所目となる。
雨具、長靴、携帯電話の電池式充電器…。前日夜、迷うことなく次々と必要な道具をかばんに詰め込む自分に、われながら「手慣れたもんだな」と思った。取材相手のことを考えると、決して誇らしい気持ちにはなれなかったが。
新幹線で博多駅に到着後、レンタカーで福岡県朝倉市へ。道中、晴天に恵まれることもあれば、いきなり前が見えなくなるほどのゲリラ豪雨にも遭遇した。以前経験した2カ所でも、発災後に不安定な天気が続き、被災者が一層の不安を募らせることはしばしばあった。被災地は、得てしてこういう状況に陥るものなのだろうか―。そう思うと、ハンドルを握る手に力が入った。
現場から最寄りの杷木インターチェンジで下り、数分ほど車を走らせると、凄惨な様子が一気に目に飛び込んできた。土砂に巻き込まれた家の瓦やがれき、泥だらけでぺしゃんこになった車。そして、被災地特有の鼻に突き刺さるような臭いだ。
行方不明者が多数いる杷木地区では、泥だらけになりながら自衛隊や消防隊員が捜索活動にあたり、祈るようなまなざしでその様子を見守る家族らがいた。自宅に侵入した土砂を清掃しようとスコップを持った住民も、どこから手を付ければよいのか分からぬまま、呆然と立ち尽くしていた。
山から土砂が流出し、川が氾濫した現場の様子を見て回るなか、ある印象を受けた。どことなく感じる街の「田舎っぽさ」が、奈良に少し似ている気がした。
記者が見た悲惨な光景を、このコラムで100%表現できているという自信は、正直にいえばない。だが、報道の本来の目的をあえて言うと、「遠く離れた九州で起こったこと」とは、決して捉えてほしくない。
「いつか自分の身にも降りかかるかもしれない」。そう思って、その〝もしかしたら〟にぜひ備えてほしい。自分や大切な人の命を守るためにも。
(森西勇太)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ