奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【バンビシャス通信】 B1昇格の大志を抱き 5周年の2017―18シーズンへ


バンビ④ 2012年11月23日、奈良で初のbjリーグ公式戦(大阪エヴェッサ対島根スサノオマジック)が開催され、「バンビシャス奈良」というチーム名とロゴを発表した。以降、多くのブースターに支えられ、2017―18シーズンでクラブ設立5周年を迎える。
13年に参入したbjリーグでは3シーズン戦い、16年、B・LEAGUEのB2リーグに加入した。
当初、奈良にプロスポーツチームは「夢物語」という声もあった。だが、参入に向けての活動から7年の月日を経て、夢は現実となった。
目下の目標はもちろん強豪ひしめくB1昇格だ。B1へ昇格するには、5000人規模のアリーナが条件となるB1ライセンスの獲得と、B2の18チーム中上位4チームに勝ち残り、プレーオフで勝利しないといけない。
チーム名は、「大志を抱け」の意味である〈Be ambitious〉と〈バンビ〉をかけてある。フェリークス・ザルテン作の童話「バンビ」で、子鹿のバンビは森の中でさまざまな困難に打ち勝ち、ほかの動物から尊敬を集める森の王のような存在へと成長していく。バンビシャスもバンビのように困難に打ち勝ち、バスケットボール界の王のような存在にきっとなる。
「バンビよ、大志を抱け!」のチーム名の由来に立ちかえり、奈良を愛するすべての方とともにB1昇格という大志を抱き、5周年を戦う。   (バンビシャス広報 和田真智子)

復刻版のユニホームを披露する本多純平選手(左)と小松秀平選手

復刻版のユニホームを披露する本多純平選手(左)と小松秀平選手

選手とともにポスター撮影  30日(日)午前9時すぎから、選手が奈良公園春日野園地(奈良市雑司町)で新シーズンのポスター撮影をする。この撮影にエキストラとして参加してくれるブースターを募集している。詳細、申し込みは、バンビシャス奈良のHP「イベント情報」で。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ