奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【やまと人巡り】 朗読劇「みつめればそこに」脚本・演出 小栗一紅さん(47)  「入江泰吉の半生、丁寧に描く」


人巡り 小栗一紅さん (大) 10月9日に奈良県立図書情報館で開催される朗読劇「みつめればそこに」(大阪ガス主催)の脚本・演出を手がけた劇作家、小栗一紅(おぐり・かずえ)さん(47)は、「写真家・入江泰吉(たいきち)の半生を描いた。観劇後、入江の撮った写真を見てもらうと、その写真に込められた祈りのようなものが浮かび上がってくる」と自信をもってPRする。
奈良出身の入江泰吉(1905~1992年)は昭和20年に大阪大空襲に遭い、奈良に引き上げた。以後40年以上にわたって奈良を撮り続けた。
小栗さんは入江の自伝をもとにして、86歳で亡くなるまでを80分間の朗読劇に凝縮。40歳からの〝生き直し〟を、地域、友人、奈良の地とのつながりとともに丁寧に描いている。「入江はお金や地位を目指したのではなく、自分を無にして後世に写真を残すという使命感で撮り続けた。その心意気がだんだんわかってきて、心打たれた」。本番が楽しみだ。
今でこそ劇作家だが、もともと小栗さんは役者だった。大阪芸大卒業後、劇団の作家がいなくなり、書かざるを得なくなった。30歳だった。
当初は頭の中の空想を書いていたが、最近は自伝を読んだり、取材をして、演出する。次作は戦中、米国で機関士をしていた日本人を描く予定。「史実に基づいて、あまりスポットライトの当たっていない日本人を描いていきたい」という。今回の入江を描いた「みつめればそこに」同様に素晴らしい劇が期待される。   (吉)

 ■朗読公演「みつめればそこに
10月9日(月・祝)午前11時、午後3時の2回。朗読劇(80分)のほか秘蔵写真が映し出されるプロローグ(15分)やアフタートーク(20分)もある。会場は奈良県立図書情報館(奈良市大安寺西1―1000)交流ホール。定員は各回200人で予約が必要(先着順)。料金1000円。問い合わせは奈良県立図書情報館(☎0742・34・2111)。

10月9日の本番に向け、練習する出演者

「みつめればそこに」を熱演する出演者

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ