奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【衆院選 奈良】 3選挙区に10人が立候補  22日の投開票に向け12日間の選挙戦


支持者らとともに「ガンバローコール」で必勝を誓う候補者(手前)。12日間の選挙戦の火ぶたが切られた

支持者らとともに「ガンバローコール」で必勝を誓う候補者(手前)。12日間の選挙戦の火ぶたが切られた

10日公示された衆院選で、奈良県内では3選挙区に計10人が立候補し、22日の投開票に向け12日間の選挙戦が始まった。区割り改定により選挙区が前回衆院選の4から3に1減となったうえ、民進の希望への合流もあり、構図が固まったのはわずか1週間前。この慌ただしさの中、北朝鮮対応や消費増税について各候補がいかに訴え、有権者がどう判断するか注目される。
区割り改定で旧2区の生駒市が加わった1区は、6選を目指す民進出身で希望前職の馬淵澄夫氏(57)に、自民元職の小林茂樹氏(53)、共産新人の井上良子氏(53)、維新新人の吉野忠男氏(58)が挑む激戦。
旧3区の香芝市などが加わった2区は、前総務相で自民前職の高市早苗氏(56)に、希望新人の松本昌之氏(34)と、共産新人の霜鳥純一氏(56)が挑む。
旧3区の御所市などを編入した3区も、強固な地盤を持つ自民前職の田野瀬太道氏(43)に、民進出身で希望新人の前川清成氏(54)が対決し、共産新人の所進氏(38)も挑む。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ