奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【鹿角抄(コラム)】 政策重視の「政権選択」を  衆院選、22日に投開票


さて、有権者の選択はどうなるか…

さて、有権者の選択はどうなるか…

平成21年8月、まるで熱に浮かされていたかのような、あの夏を思い出す。「政治が変われば日本が変わる」。目に見えぬ閉塞感の中で、たしかにそんな高揚感があった。新聞に踊る「政権選択選挙」の文字は当時と同じだが、体感温度は随分違う。
民主党(当時)による政権交代が実現したあの選挙で、私は千葉県内の選挙担当記者として、県内全13選挙区を毎日朝から晩まで走り回っていた。大阪に隣接する奈良と同様に、東京に隣接する千葉は無党派層の多い都市部と、保守地盤が強固な農漁村部が混在していた。「小泉旋風」が吹き荒れた平成17年の衆院選では12選挙区で自民党が大勝。だが、21年の衆院選で勢力図は一変。11選挙区で民主が圧勝するという、劇的な展開だった。
選挙期間中、各候補の街頭演説は聞けば聞くほどおもしろかった。自民が「日本を守る」と訴えれば、民主は「日本を変える」と応酬した。「変化」への欲求が高まっていた時期だけに、その分かりやすい対立の構図は有権者の興味を大いに引いた。
翻って今回の衆院選。構図が非常にわかりにくい。全国的には「自公VS希望・維新VS左派共闘」の「3極対決」と言われるが、奈良では同じ選挙区で希望と維新が火花を散らし、立憲民主の候補もいない。いずれかの政党に、いわゆる「風」が吹いている様子もない。はてさて何を基準に投票しようか。
こういう状況だからこそ、有権者はじっくりと各候補の政策を比べ、未来を託すに足る人物か、政党かを冷静に見極めてほしい。ちょうど、紙面では17日から候補者アンケートが始まっている。街中では候補者が政策の訴えに声をからしている。実際に会えば、話し方や目線、握手の仕方から、人柄も透けてみえるはずだ。
投開票日までは雨が多いという週間天気予報が気になるが、多くの人が投票所に足を運び、重みのある1票を投じてくれることを期待している。   (田中佐和)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ