奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【あっ、これ作ろ!】 油淋鶏(ユーリンチー)  簡単でお腹いっぱい 「肉は薄く切り開くのがコツ!」


❺

食欲の秋。ガッツリおなかを満たせて、なおかつ簡単に作ることができる「油淋鶏」を、中華メーンのお店「たべものや ちきん」(奈良市神殿町)のオーナー、井上真一郎さん(42)に教えてもらいました。
鶏料理のお店と勘違いしそうですが、店名の由来は井上さんのニックネーム「ちきん」から。でも、今回は鶏肉をバッチリ使った「油淋鶏」です。
「鶏肉を薄く切り開くので、フライパンに少量の油を引くだけで揚げ焼きにできます。五香粉を加えれば、本格的なお店の味にグッと近づきますよ」と井上さん。
タレは「揚げナス」と温野菜にかけて「揚げナスの温サラダ」などにも使える万能タレです。今夜の夕食にぜひお試しを!   (朋)

【材料】(4人分)
鶏もも肉2枚(1枚300㌘くらいのもの)、しょうゆ小さじ1、酒小さじ1、ゴマ油小さじ1、卵1個、かたくり粉適量、米粉大さじ1 《タレ》砂糖50㌘、酢50㍉㍑、しょうゆ50㍉㍑、おろしにんにく少々、おろしショウガ少々、ラー油少々、五香粉少々 《仕上げ》白ネギ(みじん切り)適量、フライドオニオン適量=写真❶

❶

【作り方】
①タレの材料の砂糖、酢、しょうゆをボールに入れ、砂糖がとけるまで混ぜ、おろしにんにく、おろしショウガ、ラー油、五香粉も加え混ぜる
②鶏もも肉の余分な脂身を取り、1枚ずつ半分くらいの薄さになるように切り開き、2等分に切り分け、スジ切りをする=写真❷

❷

③②にしょうゆ、酒、ゴマ油各小さじ1をもみ込み、卵を加えてさらにもみ込む
④③に米粉とかたくり粉を入れる(持ち上げたときに衣が垂れないくらいまで調節する)=写真❸

❸

⑤フライパンで④を揚げ焼きする(180度くらい)
⑥⑤の衣がきつね色になりパリッとしてきたら取り出す=写真❹
⑦⑥を好みの大きさに切り、皿に盛り、①のタレと白ネギ、フライドオニオン、好みの添え野菜をのせてできあがり=写真❺

❹

【ワンポイント】
○ラー油が苦手な人はゴマ油で代用可
○米粉を入れるのでサクッと揚がります
○仕上げはフライドガーリックでも良くあいます

【たべものや ちきん】 大きな羽根が自慢の「羽根付き餃子」やゴロッと大きな「からあげ」が人気。日替わりランチの内容はブログ(http://chikinkun.exblog.jp/)に掲載中。ランチは午前11時~午後2時、ディナーは午後5~9時半。事前予約で弁当の販売も。水曜定休。奈良市神殿町577|5(☎0742・62・8635)。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ