奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【奈良 衆院選】 《視点》 「ひとえに希望の失速」 自民党一色に


悲願の選挙区初当選を果たし、感極まった表情で花束を受け取る小林茂樹氏

悲願の選挙区初当選を果たし、感極まった表情で花束を受け取る小林茂樹氏

突然の衆院解散に始まり、慌ただしく混乱の多い選挙戦だった。その結果、奈良県は14年ぶりに自民党一色の「保守王国」となった。引き金となったのが民進党だ。野党第一党だったにもかかわらず、東京で発生した希望の党という竜巻に巻き上げられ、空中でばらばらに解体した。自民にとってその光景は対岸の火事だっただろう。
9月末、民進の事実上の解体と希望への合流が決まると、「寝耳に水だ」と民進県連内に激震が走った。それでも当初は、「自民対希望の二大政党対決か」と政権交代の可能性もちらつき、県連幹部も「劇的な展開は国民の注目を浴びる」と前向きに語っていた。
だが、急ごしらえだった希望は予想外の早さで失速。民進幹部は次第に、「希望の公認候補で戦うのは『賭け』だ」と弱気になり、最終的には「マイナスだった」と悔やんだ。
希望の存在は維新にも打撃を与えた。東京と大阪で希望と候補者調整をしたことが影響し、同一選挙区で希望と議席を争った奈良でも、無党派層の受け皿としての存在感が薄れた。
本来なら政権与党を厳しく批判し、追及すべき立場の野党は自身の混乱に足下が揺らぎ、有意義な政策論争を展開することができなかった。一連のドタバタ劇を有権者はしらけた思いで見ていたはずだ。
一方の自民は組織力を生かした堅調な戦いを展開した。ただ、1区の自民陣営は、希望候補の6選を阻止した理由をこう分析した。「ひとえに希望の失速。『敵失』だ」。決して自民が有権者の絶大な支持を得たわけではない。
切磋琢磨できる「ライバル」を欠けば、政治は緊張感を失う。政権交代を語れる野党の再編に向け、山積する課題の解決が急務だ。有権者の目はより厳しくなっている。   (田中佐和)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ