奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【春高バレー】 奈良県代表は男子が添上、女子は奈良女子 全国大会は来年1月4日開幕


【奈良女子-奈良文化】優勝を決め、喜びを爆発させる奈良女子の選手=桜井市(水島啓輔撮影)

【奈良女子-奈良文化】優勝を決め、喜びを爆発させる奈良女子の選手=桜井市(水島啓輔撮影)

「春高バレー」として開催される「第70回全日本バレーボール高校選手権」県大会(県バレーボール協会、産経新聞社など主催)は19日、桜井市の芝運動公園総合体育館で男女の決勝が行われた。男子は添上がフルセットまでもつれ込んだ激戦を制し、2年ぶり34回目の優勝を飾った。女子は中盤からリズムに乗った奈良女子が奈良文化を下し、2年連続28回目の優勝を果たした。両校は来年1月4日から東京体育館(東京都)で行われる全国大会に県代表として出場する。

奈良女子は第1セットこそ、浮足立って奈良文化に何度も連続得点を許した。しかし、第2セットは一転して1年の蓮井美咲ら下級生が奮闘。次々にスパイクを決めて得点を重ねた。一方で、新谷杏奈が得意のブロックで相手の攻撃に立ちはだかった。第3セットも、エース中筋瑠花や北谷采乃の攻撃を前面に押し出して優勢に。守備の隙を突いた北谷のスパイクも決まり、試合の流れを決定的にした。
奈良女子は第4セットも優位に進め、ついにマッチポイントに。中筋は母、真由美さん(47)の「ケガからの復帰で苦しい試合だと思う」という心配をよそに、鋭いスパイクを打ち込んでゲームセット。大黒柱は「上がったトスは全部決めてやろうと思った」と意地を見せつけた。
鬼嶋浩一・奈良女子監督の話 「楽に勝てるとは思っていなかった。全国大会に向け、サーブとレシーブの練習に力を入れる」
古谷優芽・奈良女子主将の話 「1セット目は硬くなったが、2セット目からはリラックスしていつものバレーができた。まずはベスト8を目指す」

男子の添上は第1セット、天理のサイドからのスパイクに苦しめられ、一方的な展開で失った。しかし、第2セットはレフト西井大飛を中心に息の合った攻撃を展開。食らいつく天理を振り切った。
第3セットは、両チームのアタッカー陣がスパイクを打ち合う一進一退の攻防の末、天理が制し、添上は窮地に立たされる。それでも、第4セットは西井、福田純也にボールを集め、相手を翻弄。このセットを奪い返し、試合はフルセットにもつれ込んだ。
迎えた第5セット、添上は天理の攻撃をレシーブで懸命につなぐ。西井は母、奈美さん(49)の「一球一球大切に」との声援に応えるように果敢に攻め続け、勝利をもぎ取った。
梶屋賢太・添上監督の話 「選手の粘りで、うちのやりたかったバレーができた。チームはまだ発展途中。1カ月調整を重ね、全国でまずは一勝する」
浦本大誠・添上主将の話 「『みんなともっとバレーがやりたい』と思うと負けられなかった。全国で勝つために、ラリーをものにするバレーができるよう練習する」

【添上-天理】優勝し、喜ぶ添上の選手=桜井市の桜井市芝運動公園総合体育館(水島啓輔撮影)

【添上-天理】優勝し、喜ぶ添上の選手=桜井市の桜井市芝運動公園総合体育館(水島啓輔撮影)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ