奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【羽ばたけ 奈良の新星 ②】〈陸上〉 二刀流ハードラー、世界に照準 樋口陸人さん(18)


ハードル練習に励む樋口陸人選手

ハードル練習に励む樋口陸人選手

176・7㌢、67㌔。すらりと伸びた足で助走をつけながら、「タンッ、タンッ」とハードルを軽やかに飛び越えていく。一方で、かけっこもすこぶる速い。昨秋の愛媛国体では、陸上110㍍障害(少年男子共通)で2連覇を果たし、同世代の最速スプリンターを競う100㍍(少年男子A)でも2位。類いまれな資質を持つ〝二刀流〟ハードラーは「将来は世界の舞台で戦いたい」とさらなる高みを目指している。
陸上を始めたのは奈良市立左京小学校6年のとき。短距離選手だった両親に勧められ、鴻ノ池スポーツクラブ(SC)に入ったのがきっかけだ。当時を知る同クラブの栗原武志コーチ(35)は「こちらが見本を見せると、すぐに実践できる器用な子だった。入団早々、学年で1番速くなった」と振り返る。
父の敏彦さん(49)は天理高校時代、全国高校総体(インターハイ)400㍍リレーで2位になり、京都・家政学園高校(現京都文教高校)出身の母、知左さん(49)は同種目で優勝した実績を誇る。少年が早くから垣間見せていた才能は血筋だろう。
「きれいに飛べると本当に気持ちいい」。ただ走るだけではなく、ハードルを飛び越える技術が要求される競技の魅力にのめり込んだ。平城東中学3年時に全日本中学選手権で優勝し、同年のジュニアオリンピック100㍍でも11秒25で7位入賞。二刀流としての片鱗をのぞかせてきた。
高校進学に際しては、全国の強豪からの勧誘が引きもきらなかったが、地元の奈良育英高校を選択。「競技だけでなく、人間力に関わるところまで教え子のことを考えてくれる」。小学6年から一貫して指導を仰ぎ、尊敬の念を抱く、鴻ノ池SC代表の秋田真介さん(42)が同校陸上部のコーチを務めていることが決め手となった。
高校1年時、10秒88だった100㍍の自己記録は10秒39まで短縮。専門の110㍍障害は昨夏の全国高校総体で3位、同10月の愛媛国体では13秒40の大会新をマークして2連覇を飾った。2種目とも着実に成長を遂げている。
順風満帆に思える陸上人生だが、課題もある。国体やユースの大会で採用されるハードルの高さは、ジュニア規格の99・1㌢。もっとも、五輪や世界選手権、全国高校総体では一般規格の106・7㌢のハードルで争う。「ハイハードルを跳ぶのが苦手で…。やはり高いと感じるんです」。それゆえ、インターハイのタイトルとは無縁。苦手意識はいまだぬぐえていない。
ただ、秋田コーチはこう証言する。「中学、高校とそばで見てきたが、伸びしろがなくなってしまわないよう指導してきた」。持ち味とするスプリント能力を磨くことに重きを置き、ハードリングにはさほど手をつけていない。技術向上と抜群のスピードがかみ合えば、一気に自己記録を縮めても驚けない。
春からは法政大(東京都)に進学。昨年9月にあった日本学生対校選手権を制した金井大旺選手も在籍する名門だ。「高校までとは練習量が段違いだと思う」と不安をのぞかせる一方で「強い選手がたくさんいるし、楽しみの方が大きい」と前を向く。秋田コーチも「経験を積めばきっと通用する」と自信を持ってまな弟子を送り出す。
新たな環境に飛び込む新シーズンに向け、揺るぎない目標がある。7月にフィンランドで開かれる世界ジュニア選手権だ。「世界の舞台で経験を積み、ハードルで戦えるようになることが目標です」。視線の先に東京五輪を見据えつつ、まずは身近な目標に向かって邁進する。   (神田啓晴)

奈良育英高陸上部・秋田真介コーチ 「スプリントの練習に重点を置いてきたので、ハードラーとしての経験は不足しているが、有り余るスピードを生かせればさらに速くなれると信じている。世界には100㍍を10秒1台で走るハードラーもいる。将来的には10秒0台まで記録を伸ばし、世界の舞台で活躍してほしい」

ひぐち・りくと 平成11年8月19日生まれ、千葉県出身。小学6年で奈良市の陸上クラブ「鴻ノ池スポーツクラブ」に入団。110㍍障害が専門で、中学3年時に全日本中学選手権で優勝。昨年の愛媛国体では13秒40の大会新記録をたたき出し、少年男子共通で2連覇を達成した。奈良育英高校3年。176.7㌢、67㌔。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ