奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【バンビシャス通信】〈スタッフ丸はだか〉 永遠の〝バスケ少年〟 U15指導の工藤和樹スクールコーチ(37)


ユースチームの指導をする工藤和樹スクールコーチ(左)

ユースチームの指導をする工藤和樹スクールコーチ(左)

B・LEAGUEではユースチーム(15歳以下、U15)の設置が義務付けられており、昨年7月からはスクール事業としてU15の活動も始めた。この事業を仕切るのが工藤和樹スクールコーチ(37)。4月からは週3回の本格的な練習をスタートし、県のリーグ戦にも出場する。県外のユースチームとの対戦もあり、伸び盛りの少年の未来を背負っている。
そんな工藤コーチがバスケットボールを始めたのは小学4年生。ラリー・バード(プロバスケリーグNBAで活躍した米国選手)に憧れ、NBAに夢中になり、トレーディングカードを必死に集めた。地元の奈良市立富雄北小、富雄中学、富雄高校のバスケ部に所属し、いずれもでキャプテンを務めた。高校3年では国体選手にも選ばれた。
将来バスケの指導に関わりたいと、強豪・天理大の体育学部に進む。天理大バスケ部では複雑なフォーメーションを頭に入れる必要があり、バスケを理論的に学んだ。
卒業時、bjリーグは開幕していなかったため、体操や水泳の指導をするスポーツクラブに就職したが、2016年、バンビシャス奈良のホームページでスクールコーチ募集の記事をみつけ、転職を決めた。
永遠の〝バスケ少年〟は「将来、バンビシャスの選手を目指す少年、バスケのレベルアップをしたい少年は、ぜひ、練習会に参加し、トライアウトにチャレンジしてほしい」という。そして、「地元にプロのチームがある強みを生かし、U15から未来のバンビシャスの選手が輩出されるようにしたい」と希望を語る。
〝工藤少年〟は目を輝かせながら、少年とともにバスケで夢を追いかける。   (バンビシャス広報 和田真智子)

集めたトレーディングカード

集めたトレーディングカード

【2018年度 U15ユースメンバー募集】第1回練習会=2月9日(金)午後6時半~午後8時45分、ならでん第2アリーナ▽第2回=2月12日(月)午後6時45分~午後8時45分、生駒市市民体育館▽第3回=2月24日(土)午後2時~午後5時、平群町総合スポーツセンター体育館▽第4回=3月2日(金)午後6時半~午後8時半、ならでん第2アリーナ
【ホーム試合予定】熊本ヴォルターズ戦=27日(土)午後6時、28日(日)午後2時、ならでんアリーナ(奈良市中央体育館)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ