奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【くらしと税】 医療費控除② セルフメディケーション税制


くらしと税 医療控除② イラスト セルフメディケーション税制とは、きちんと健康診断などを受けている人が、一部の市販薬を購入した際に所得控除を受けられる制度です。
軽度な身体の不調を市販薬によって自ら手当てすることは、自身のQOL(生活の質)の改善に役立ちます。また、国の財政を圧迫する医療費の適正化にもつながります。
具体的には、市販薬(要指導医薬品および一般用医薬品)のうち医療用から転用された特定成分を含む医薬品を年間1万2千円を超えて購入した際、超えた金額(上限金額8万8千円)について所得控除を受けることができます。
この制度は医療費控除の特例であるため、従来の医療費控除制度と同時に利用することはできません。10万円を超えた医療費の所得控除を受けるか、このセルフメディケーション税制で所得控除を受けるかは、申告者自らが選択することになります。
対象は、所得税や住民税を納めていて、特定健康診査(メタボ健診)、予防接種、定期健康診断(事業主健診)、健康診査、がん検診のいずれかを受けている人です。対象医薬品は、厚生労働省のWebサイトに掲載されている医薬品(平成29年12月28日現在、1671品目)です。
では、実際にどれくらい税金が安くなるのか。例えば総所得金額400万円の会社員が自身や生計が同じ家族のために対象医薬品を年間5万円購入した場合。5万円から1万2千円を差し引いた3万8千円が医療費控除額となり、課税所得が3万8千円分少なくなるので「3万8千円×税率」分の税金が安くなります。税率が10%とすると、税金が3800円安くなるほか、住民税も軽減されます。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ