奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【やまと人巡り】 72時間「純氷」で、かき氷を食文化に 奈良の製氷メーカー「日乃出製氷」専務、中孝仁さん(44)


やまと人巡り 中孝仁さん ポーズ今や夏だけでなく、冬でも人気のかき氷。そんなかき氷業界を支えるのが奈良で創業77年を迎える日乃出製氷(奈良市)だ。
「かき氷に対して一生懸命な人たちの思いに応える。そんな氷を作りたかった」。力強い口調で話すのは、日乃出製氷4代目で専務の中孝仁さん(44)。
日乃出製氷は業務用ドライアイスや氷の製造・小売りを営んでいる。夏のシーズンに、県内外60以上のかき氷店に納品しているのが72時間かけて作る「純氷」。これがすぐれものだ。
家庭や飲食店の製氷機で作る氷とは異なり、純氷は48時間という長い時間をかけて、水をゆっくりと凍らせて製造する。だが、日乃出製氷ではさらに1日を加えた72時間をかけて、高さ1㍍、重さ135㌔にもなる氷柱を作りあげる。
県内約50店、さらに、食べログの「スイーツ百名店EAST2018」にも選ばれた埼玉県熊谷市の「慈げん」など有名店へも納品する72時間「純氷」は、まろやかな口溶けと、溶けにくさで人気を博している。
今や日乃出製氷の代名詞ともいえる72時間「純氷」だが、誕生までは紆余曲折があった。平成25年の売り上げは現在の3分の1程度で、氷の需要は右肩下がり。一時は製氷をやめることも考えたという。
「氷に対して真剣じゃなかった。売り上げも需要も落ちてたから。廃業も考えた」
転機は、ふと目についた業界紙の記事だった。「『かき氷で3千万円売り上げた』という記事。話半分でも1500万円。すごい衝撃だった」
そして、愛知県内の製氷会社を訪ね、1から72時間「純氷」の作り方を学んだ。
26年からは県内の市民プールでかき氷の販売も始めた。〝氷屋のかき氷〟として人気を集め、26年7~9月に200万円だったかき氷の売り上げは昨シーズン(5~9月)には1400万円を売り上げるなど好調が続く。氷作りの技術の高さは口コミで広がり、「次は香港のかき氷店にも氷を納品するかも」というほど。
今年2月24、25の両日、奈良市に全国のかき氷店が集まった「かき氷EXPO2018 in NARA」では参加した店舗へ400貫(約1500㌔)の氷を無償提供した。
「参加店の負担も減らしたかったし、うちの氷を知ってもらうチャンスでもあったから」。県内外から訪れた約2000人の来場者は日乃出製氷の「純氷」でできたかき氷に舌鼓を打った。
「今後は県外でのシェアも広げ、ゆくゆくは海外にも進出したい」と目を輝かせ、最後に「かき氷が一過性のブームで終わらず、一つの食文化になればいいですね」と笑顔を見せた。   (啓)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ