奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【鹿角抄(コラム)】鹿ノ台の奮闘を取材して感じたこと (石橋明日佳)


先輩記者の異動に伴う配置替えで今月、1年ぶりに県警担当に復帰した。生駒市や大和郡山市など3市7町1村が持ち場だったこの1年を振り返ると、担当する地域が多いだけに移動は大変だったが、記事にしたいネタは豊富でさまざまな経験ができた。とりわけ興味深かったのは、住民による特色豊かな活動だ。
先日、生駒市北部のニュータウン、鹿ノ台の取り組みを連載するため、取材を重ねた。地域の高齢化率は約40%と市内トップでありながら、街を「オールドタウン」にさせまいと緻密な自治会体制を確立。ありとあらゆることを住民主導でやってのける、驚くべき地域だった。
昔に比べ、近所づきあいが希薄になった現代社会。自宅の両隣にどんな人が住んでいるのか、知らない人も珍しくはないだろう。それを思うと、約7千人の住民のうち約9割が何らかの自治会活動に参加し、街をより良くすべく連携、協力している事実には驚きを隠せない。
道路整備や緑地活動、防犯カメラの設置、通学路の見守り活動、お年寄りの送迎サポート―と挙げればきりがない。住民はこれらを行政や業者の力を借りずに自らの手で担う。その財源も、資源ごみを回収するなどして確保しているという徹底ぶりだ。
取材を進めながら、「この街は一つの自治体に匹敵する」と強く実感した。行政の手が行き届かない〝かゆい所〟まで、自治会が手厚くカバーしてくれるのだから、恩恵を受ける住民にとってはありがたい。
「高齢化によって、街が衰退するわけではない。今後も元気で楽しく過ごせる仕掛け作りをして、地域力を向上していきたい」。鹿ノ台自治連合会の井上善夫顧問(79)の言葉が印象に残っている。そこにあるのは、ひとえに「地域愛」に他ならない。
1年間、行政を担当して得た経験や人とのつながりは、かけがえのないものになった。それを財産に新たな出会いを期待し、今後も取材に邁進したい。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。