奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

【バンビシャス通信】石橋ヘッドコーチが躍進誓う 来シーズン開幕待ち遠しい


ゲーム中、選手に指示する石橋晴行ヘッドコーチ

昨シーズン途中でアシスタントコーチ兼選手から急遽、ヘッドコーチに就任した石橋晴行氏(44)が、2018-19シーズンをアソシエイトヘッドコーチとしてチームを指揮することが決まった。昨シーズンはB2残留争いをしていたチームを立て直し、終盤にはプレイオフに進出するチームから勝ち星をあげるなどチームを上向きにしただけに、来シーズンの躍進が期待できる。
石橋氏は1996年に日立に入団した。当時はbjリーグもなかった時代。バスケットボール選手で生活できるのはほんの一握りだった。夕方まで仕事をして、その後、バスケットという実業団でのプレー。謙虚な物腰と丁寧な応対は、営業としても働いていた経験が生きているに違いない。
ゲーム中は声を荒らげて選手を叱咤する姿は見られず、冷静沈着な態度で指示を出す。大阪エヴェッサ在籍時はbjリーグ初年度からの3連覇に貢献するなど、プロバスケットボール選手としてトップカテゴリーでプレーして21年になる。選手としての経験を生かし、対戦チームの特徴、特性を調べるスカウティングを徹底。相手に合わせたディフェンスの戦術を用いて上位チームから勝ちをたぐり寄せてきた。
座右の銘は「努力」。「これまで超一流の選手が超一流の練習をするところをみてきた」という。話し方は穏やかだが、厳しいプロの世界で生き抜いてきた目は険しい。
「昨シーズンの悔しさを糧に上位に食い込む」と石橋氏は誓う。シーズン開幕が待ち遠しい。   (バンビシャス広報 和田真智子)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。