奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

死亡事故「多発警報」発令 奈良県内、6日間で10人死亡


6人が死亡した事故現場では、真っ二つになったバイクがレッカー車に回収された=奈良市(8月31日撮影)

 県交通対策協議会は6日、今年初めての「交通死亡事故多発警報」を発令した。8月31日からの6日間で計5件(10人死亡)の死亡事故が相次いだためで、発令は平成28年7月以来。県警は20日までの発令期間中、市町村や交通関係団体と連携し、広報啓発活動に力を入れる一方、スピード違反や飲酒運転、信号無視など交通違反の取り締まりを強化する。
 同警報は、10日以内に死亡事故が5件に達した場合に発令される。県内では8月31日、バイク3台が転倒し、14~18歳の男女8人が死傷する事故が発生。このほか、ミニバイクと軽乗用車の衝突事故や、名阪国道でトラック2台が追突する事故などが相次いで発生した。
 県警は「事故死者数35人以下」を年間目標に掲げている。今年上半期(1~6月)の県内の交通死亡事故死者数は過去10年で最少の15人だったが、ここにきて急増。5日現在で30人(昨年同時期28人)となった。7日には「緊急県下交通課長等会議」を開き、死亡事故抑止に向けた取り組みを確認する。
 県警交通企画課は、交通事故が多発する早朝と深夜に「見せる抑止」として、パトカーや白バイでのパトロールを強化する方針。同課は「交通ルールをしっかり守り、速度を落とすなど安全確認をして、事故を起こさないよう気をつけてほしい」と呼びかけている。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。