奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

秋の恒例「豊祝会」に800人 元阪神・岡田氏も講演


「野球人生 道一筋」と題して講演した岡田彰布氏。会場を盛り上げた=奈良市

 奈良の日本酒を楽しむ秋の恒例行事「第27回豊祝会」(奈良豊澤酒造主催)が18日、奈良市の奈良春日野国際フォーラム甍~IRAKA~で開かれ、約800人が参加した。
 平成4年、奈良豊澤酒造の大吟醸「豊祝」が全国新酒鑑評会で3度目の金賞に輝いて以来、毎年開催。豊祝は今年、2年ぶり13回目の金賞を受賞している。
 会の冒頭、豊祝会会長を務める南都銀行の西口廣宗顧問が「杜氏の技術を社員全員に引き継がせるのはなかなかできない。金賞は会長、社長、社員みんなが一丸となって獲得したもの」とあいさつ。
 第1部では、プロ野球の阪神とオリックスで選手、監督として活躍した岡田彰布氏(60)が「野球人生 道一筋」と題して講演した。阪神の2軍監督時代を振り返り「モチベーションは選手の成長に関わる。私はどの選手も平等に接するよう意識していた」と持論を展開。若者の育成について「いいところを伸ばしてやろうとすると、悪いところも消える。自発的にやるように導く方がいい」と話した。
 質疑応答では、阪神が今季、最下位に沈んだ原因を問われ、「プロ野球の歴史で『育てながら勝つ』がうまくいったことはない」と分析。「阪神ファンは熱心だが、期待しすぎると大変。楽に見た方がいい」と冗談を交え、笑いを誘っていた。
 第2部では、銘酒を味わうパーティーが開かれ、参加者は大吟醸の「豊祝」などを味わった。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。