奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

「キッシュ」と「タルト」の新店が人気 下市町産 旬の野菜たっぷり


常時3種類のキッシュが食べられる「BAKE HOUSE〝un〟」の店長、木田絢子さん=下市町下市

 フランスの家庭料理「キッシュ」とタルトの専門店「BAKE HOUSE 〝un〟(ベイク ハウス アン)」が下市町の商工会館1階にオープンし、人気となっている。店長の木田絢子さん(25)のこだわりは、具材に使う下市町産の新鮮な野菜。季節ごとに変わるメニューで旬の味を楽しむことができる。
 ドアを開けて店に入ると、香ばしいような甘いような香りが鼻をくすぐった。店にはタマネギ、ベーコン、チーズ、卵が入った定番の「キッシュ・ロレーヌ」のほか、各国の料理をモチーフにした「世界のお料理キッシュ」、地元野菜を使った「下市産お野菜キッシュ」の計3種類を常時用意している。この日はキノコとみそを使った和風キッシュと、オクラと長芋のとろっとした食感が優しいヘルシーキッシュが並んでいた。パイの仲間という生地は重すぎず、バターの風味がコクとなり、具材のうまみを引き立てている。
 河合町出身の木田さんは、高校生のころからカナダや米国で計5年間の留学を経験した。帰国後、久しぶりに食べた日本の野菜の味の濃さに驚いたという。「日本の食材のおいしさを発信したい」と料理の道に進むことを決め、平成2年開校の「なら食と農の魅力創造国際大学校(NAFIC)」(桜井市)に1期生として入学。同校で一から料理や経営を学び、卒業後の今年6月に念願の店をオープンさせた。
 なぜキッシュなのか。木田さんは「私が好きなのが一番だけど、どんな野菜でも具材になるのが魅力」と語る。一晩寝かせてから2回焼いた生地の上に、あめ色に炒めたタマネギを敷く。そこに具材を流し込んで焼くという手間のかけようだ。キッシュ以外にもタルトやスープを手作りしていて、仕込みや料理はすべて1人でこなす。午前4時半から仕込みを始める日もあるが、「お客さんが『おいしかった』と言って、また買いに来てくれるのがうれしい」と屈託ない。
 なじみの生産者も増え、「今の時期は黒枝豆がいいよ」などと具材におすすめの野菜を教えてくれるという。「年中季節のものを入れて、そのおいしさをダイレクトに伝えたい」と、きょうも新たなメニュー開発に挑戦している。
                      ◇
 午前11時~午後6時(冬季は午後5時まで)。キッシュ単品380円。タルト単品300円。スープやトースト、ドリンクが付くセットもある。問い合わせは町商工会札の辻ステーション(0747・58・8002)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。