奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

「中途半端」を「ちょうどいいまち」アピール 大和郡山市PR動画


大和郡山市職員が「ちょうどいいまち」をアピールする動画の一場面

 観光名所をPRするのではなく、ありのままの中途半端さを「ちょうどいいまち」としてアピールし、移住・定住を促進するシティプロモーション動画を大和郡山市が制作した。大阪市浪速区の映画館「なんばパークスシネマ」で3月21日まで上映され、別バージョンを動画投稿サイト「ユーチューブ」などで公開している。
 同市出身で、先月19日に公開された映画「かぞくわり」の塩崎祥平監督が企画から撮影、編集まで担当。主に大阪など都市部に住む若者をターゲットとし、移住先に大和郡山市を選んでもらえるよう、「中途半端をポジティブに、包み隠さず表現した」(塩崎監督)という。
 ユーチューブで公開している30秒の動画は、同市に移住した夫婦2組がインタビューを受ける設定。「この町の暮らしはどうですか」。問われた2人は顔を見合わせながら「まあ自然もあるし…」「雰囲気がすごく好きで、他はうーん…」「いろんなことがちょうどいい」とあいまいに返答。最後は市職員らが「がんばります! 大和郡山」と宣言して締めくくっている。
 一見、市の魅力をうまくPRできていないように思われるが、「大和郡山市はどんな町だろう」と思ってもらうのが最大の狙いだ。平成27年に大阪市や京都市周辺の20~39歳の男女を対象にしたアンケートによると、「大和郡山市についてまったく知らない」と答えた人は33・6%に上った。
 都心部までは少し遠く、かといって田舎でもない。大型ショッピングモールがあって便利だが、都会とはいえない。そんな「中途半端さ」を逆転の発想で「ちょうどいい」と捉え、アピールしている。
 映画館では現在、秒の「夫婦の食い違い編」を流しており、今月15日からは「中途半端編」を上映する予定。担当者は「まずは名前を覚えてもらうところから始める。将来的には若い人が市に集まって地域の活性化につながれば」と話している。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。