奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

曽爾村産「榧(かや)の実油」完成 〝本邦植物油中、最上なるもの〟 


曽爾村産の100%純正「榧の実油」

 曽爾村に群生する希少な植物「榧(かや)」の実から搾った食用油「榧の実油」が完成し、村農林業公社が100本限定で販売を始めた。江戸時代には天ぷら用の高級油として流行し、「日本最上級の植物油」と評された榧油。鼻に抜ける木の実の香りがさわやかな、個性際立つ商品に仕上がった。
 同公社では、時代とともに食べる文化が廃れてしまった榧の実を「地域資源」として見直そうと、平成29年から商品化に取り組んでいる。榧の実油は、果皮から抽出した芳香蒸留水「榧 蒸留水」、おやつ感覚で食べられる「榧の実ナッツ」に次ぐ第3弾で、同公社の高松和弘さんは「一番作りたかったのが食用油。やっとここに行き着いた」と話す。というのも、大正時代の「大植物図鑑」の榧の項目には「榧油は本邦植物油中、最上なるもの」と記されている。かつてそれほど榧油は高く評価され、愛された存在だったからだ。
 公社は昨秋、村民から榧の実を1㌔800円で買い取り、計約60㌔を確保。生活介護事業所「曽爾村すすき作業所」の通所者と職員ら約10人が殻むきやあく抜き作業を行い、岡山県の食用油製造会社で搾油した。同作業所のサービス管理者、鈴木敏之さんは「みんなで楽しく作業できたし、新しい仕事ができてありがたい」と喜ぶ。
 榧の実油は口に入れた瞬間に森林の風景が浮かぶような、みずみずしい香りが特徴。風味をダイレクトに楽しむにはサラダにかけたり、パンに付けたりするのがおすすめ。クッキーやパン生地に練り込んでも香りがいい。天ぷら油に混ぜるとからっと揚がるという。
 1本(45㌘入り)2500円と少々値が張るが、高松さんは「コストがかかっているのに加え、村の榧のストーリーを伝えたいという思いがある。榧プロジェクトを応援する気持ちで購入してもらえるよう、『なぜ高いのか』を丁寧に発信していきたい」と話した。
 村の「曽爾高原ファームガーデン」などで販売中。同公社のWEBショップでも購入できる。問い合わせは同公社(0745・94・2116)。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

ご入学ご入学

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。