奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

宇陀市の「美榛苑」を4月1日から休館 高見市長が陳謝


 宇陀市の高見省次市長は15日、次期指定管理者に名乗りを上げる業者がなかった宿泊施設「保養センター美榛苑」について、4月1日からの休館を発表した。高見市長は責任を認めて陳謝。市によると、休館期間は「おおむね半年」で、指定管理料(年間2千万円)の減額なども検討しながら新たな指定管理者を探す方針だ。
 美榛苑は昭和55年に老人福祉センターとしてオープン。宿泊棟や大浴場、レストランなどを増築し、現在は客室43室で190人を収容する。平成29年度の宿泊者数は約2万2千人。入浴者などを含めると約12万6千人が利用し、約3億6千万円の売り上げがあった。
 当初は市直営だったが、景気の低迷で経営が悪化。20年度には累積負債が約14億円に膨らみ、21~32年度で経営健全化計画を進めている。22年10月から休暇村サービス(東京都)が指定管理者として運営を担ってきたが、来月末の契約終了をもって撤退する見込み。市は新たな次期指定管理者を募集したが、締め切りまでに応募はなかった。
 休暇村サービスの撤退に伴い、従業員約40人の雇用を継続するのは難しくなるとみられ、市は対策に全力を挙げる。高見市長は記者会見で「市民、利用者、従業員の皆さんに深くおわびします。美榛苑は市の観光戦略を担う中心施設。改めて公募し、営業再開を目指したい」と述べた。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。