奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

しゃべる「雪丸」登場、お経も観光案内もOK 王寺町


おしゃべりができるロボット「ユキマルトーク」=王寺町の達磨寺

 王寺町の公式マスコット「雪丸」とおしゃべりができるロボット「Yukimaru Talk(ユキマルトーク)」が誕生し、同町の達磨寺で報道陣に披露された。会話内容を認識して観光案内をしたり、お経を唱えたりすることができる優れものだ。4月1日から町地域交流センター内の雪丸ミニプラザに設置される。
 聖徳太子の愛犬と伝えられる雪丸は、人の言葉を理解し、お経を唱えたとされる。達磨寺には「雪丸像」がまつられており、町が平成25年に公式マスコットとして認定。町の観光・広報大使も務める。
 ユキマルトークは高さ35㌢、幅18㌢、奥行き37㌢。ソフトバンクのヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」の開発にも携わったIT関連企業「ワントゥーテン」(京都市)が、自動コミュニケーションを可能とする会話エンジンを手がけた。
 観光案内、クイズ、おしゃべりの3つを基本機能として搭載。例えば「こんにちは雪丸」と話しかけると「こんにちは! あのさ、今日は何するの?」と質問が。「居酒屋に飲みに行く」と言うと「いいなぁ。でもお酒はほどほどにね。飲んだら乗るな、乗るなら飲むな。行ってらっしゃい!」とユーモアたっぷりに返してくれる。
 また、法隆寺や信貴山など周辺の観光スポットをお勧めするほか、「観自在菩薩|」とお経を唱えるモードも。日本語で数百通りの会話ができるが、今後は会話のパターンを増やし、他言語にも対応させていくという。
 町はこれまでに、小型無人機「雪丸ドローン」や、紙芝居の読み聞かせができる「雪丸ロボット」を開発。ユキマルトークは県内外のイベントに出張し、町をPRする。聖徳太子1400年御遠忌を2年後に控え、平井康之町長は「雪丸をシンボルとして、聖徳太子の里である王寺町を観光振興の拠点にしていきたい」と話した。
 町は動画投稿サイト「YouTube」の「雪丸」公式チャンネルで、紹介動画を公開している。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

ご入学ご入学

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。