奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

生駒市が「卒煙」をサポート 3カ月でたばこからさよなら目指し


 3カ月でたばこをやめませんか―。生駒市は今月から、禁煙を試みている人の喫煙状況や体調をインターネット上で管理しながら、市の看護職員らが個別にサポートするユニークな取り組みを始める。「IKOMA 卒煙サポート」と銘打ち、たばこをやめたくてもやめられない市民らを短期間で卒煙に導く。
 市は公共の場所での歩きたばこを禁止するほか、喫煙後45分間は職員に対して庁舎内のエレベーター使用を禁止するなど、さまざまな受動喫煙対策を実施している。昨年4月には、ふるさと納税の寄付金の使途に受動喫煙対策を追加。これまでに100万円以上が集まっている。
 今回の事業は寄付金のうち約11万円を使い、民間企業が提供するインターネットシステム「禁煙サポートプログラム」を利用して実施する。参加者は禁煙ガムなどのニコチン製剤を購入した上で、システム上にその日の体調や喫煙状況を入力。離脱症状が辛い最初の5日間は毎日、応援メールが届き、その後は個々の問診をもとに看護師と保健師がメールや電話で個別にサポートし、3カ月での卒煙を目指す。
 卒煙に成功すると、卒煙証書が授与され、その後も電話相談などのアフターケアが受けられる。小紫雅史市長は「一人では挫折してもサポートがあれば継続できる。職員にも参加してもらえれば」と話している。
 対象は歳以上の生駒市民で、参加費は無料(ニコチン製剤は自己負担)。定員は申し込み順20人。11~14日に市のホームページや郵送、電話などで申し込みを受け付ける。次回は8月開始で、さらに今年度中にもう1回、追加募集する予定。問い合わせは市健康課(0743・75・1002)。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。