奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

要注意、「カードすり替え」の手口 詐欺で窃盗、被害急増


 高齢者にキャッシュカードを見せてもらい、隙を見て別のカードを入れた封筒とすり替える窃盗が県内で増えている。「カードすり替え詐欺盗」と呼ばれるこの手口は、昨年1年間で15件だったが、今年はすでに11件発生。全国的にも増加傾向にあり、県警が注意を呼びかけている。
 「詐欺の犯人を逮捕した。あなたの口座から不正に出金されており、キャッシュカードを使えなくする必要がある」
 平群町の87歳の男性は3月26日、自宅に電話をかけてきた警察官を名乗る男から、こんな指示を受けた。男性は言われるがまま、キャッシュカード2枚と暗証番号を書いたメモを用意。金融庁職員を名乗る男が持参した封筒に入れたところ、割り印をするよう求められ、印鑑を取りにいった隙に中身を別のカードにすり替えられたという。男性の口座からは計945万円が引き出された。
 今年は先月末までに、同様の手口でキャッシュカードを盗まれる窃盗が11件発生。うち7件が4月以降と急増している。この手口では、封筒を保管しておくように言われ、すり替えられたことに気付かないケースがほとんどという。
 県警生活安全企画課の担当者は「被害者にキャッシュカードを渡した感覚がないのがポイント」と指摘。その上で「カードが手元にあるという安心感を与え、犯行の発覚を遅らせることができることが、増えている要因ではないか」と分析する。
 担当者は「キャッシュカードを盗まれても、暗証番号がなければお金は引き出せないので、暗証番号は絶対に渡さないでほしい。少しでもおかしいと思ったら相談してほしい」と話している。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。