奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

おとぎ話の世界満喫 「藤城清治 光のメルヘン展」開幕 奈良テーマの新作も


 〝おとぎ話〟のような世界観を楽しんで―。奈良市の県立美術館で2日、影絵作家の第一人者、藤城清治さん(91)の展覧会「藤城清治 光のメルヘン展」が始まった。モノクロの初期作品から奈良の社寺をテーマにした最新作まで約250点を展示している。7月3日まで。

水と鏡を使った演出も取り入れられた新作影絵「大神神社」

水と鏡を使った演出も取り入れられた新作影絵「大神神社」

 多様なテーマで光と影の美しい世界を描き出す藤城さんの作品には国内外にファンがおり、この日も多くの来場者が訪れて熱心に見入っていた。県で4年ぶりの開催となった今回は、通路などを含む館内全体に作品が並べられ、一歩入ると「別世界」のような空間に。壁一面に「動く影絵」を映し出す演出もあり、工夫が凝らされている。

 奈良ゆかりの新作は東大寺や大神神社など社寺をテーマにした6作品。猿沢池越しに見た興福寺五重塔を描いた作品では、水と鏡を設置して「どこまでも続く空間」を表現し、幻想的な雰囲気を醸し出している。

ひとりずつ丁寧にサインをする藤城清治さん(右)

ひとりずつ丁寧にサインをする藤城清治さん(右)

 午後からは先着100人を対象とした藤城さんのサイン会も開催。横浜市の主婦、和田尚子さん(37)は「夢と希望を持てる作品ばかりで来てよかった」と笑顔だった。サイン会は期間中に不定期で開かれる。

【関連記事】

【動画】影絵作家、藤城清治さんの展覧会「光のメルヘン展」始まる

あの感動再び 影絵作家「藤城清治 光のメルヘン展」 2日から県立美術館で開催

【話の肖像画】影絵作家・藤城清治(1)焼け野原から生まれた表現

【話の肖像画】影絵作家・藤城清治(2)花森安治との出会い

【話の肖像画】影絵作家・藤城清治(3)時代を見抜き、言い当てる力

【話の肖像画】影絵作家・藤城清治(4)感情豊かなケロヨンの魅力

【話の肖像画】影絵作家・藤城清治(5)傷付いた自然を描く

【話の肖像画プレミアム】藤城清治(91)=影絵作家=「暮らしの手帖」連載のきっかけは、停電

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。