奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

一般会計当初予算案 前年度比4・3%減


県は19日、総額5366億6200万円の令和3年度一般会計当初予算案を発表した。当初予算との比較では前年度比4・3%減で、知事選のために骨格予算だけを組んだ平成31年度を除けば、29年度以来の減少。新型コロナウイルス感染拡大に伴う景気低迷を背景に県税などの税収は落ち込んだ。コロナ対策に重点を置きつつ、観光施策や防災対策に予算を手厚く配分する方針。日に開会する2月定例会に提案する。
■歳入
 歳入全体の約3分の1を占め、県の主要な財源である「県税」「地方消費税清算金」「地方譲与税」は、新型コロナの影響でいずれも前年度から減少。個人や法人の収入減などにより、これら3つの税収合計は、136億円減の1878億円となる見込み。税収の落ち込みに伴い、国から分配される地方交付税と、国が返済を肩代わりする臨時財政対策債の合計額は202億円増の1952億円となった。
■歳出
 人件費は職員の退職数の減少などにより38億円減の1444億円。公共事業などハード面の整備に充てる投資的経費は、防災と経済活性化事業に充てるため841億円を計上した。県立高校の耐震化整備を前年度より22億円増やした。一般施策経費のうち、社会保障関係経費は17億円、コロナ禍にある中小企業への支援のための補助費などは142億円増加した。
■県の財政
 県の「借金」にあたる県債残高は、令和3年度末で11億円増の9914億円となる見込み。県税収入などの減少により、臨時財政対策債が増額したことが主な要因。国からの交付税措置がない県が自己負担で返済する借金は4億円減の3655億円で、2年ぶりの減少となった。貯金にあたる財政調整基金から30億円を取り崩す。3年度末の財政調整基金残高は169億円となる見込み。
     ◇
 県は総額571億400万円の令和2年度2月補正予算案も19日発表した。このうち、新型コロナウイルス対策費は371億9100万円。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

読もうよ新聞読もうよ新聞

野球教室
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。