奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

曽爾高原のススキを守ろう 村が魅力アピール


かやぶき屋根をつくるために刈ったススキを束ねる児童たち(曽爾村役場提供)


 曽爾高原で生育するススキを守ろうと、曽爾村が地域住民とともに魅力のアピールに乗り出した。茅葺き屋根の小屋を作るワークショップを子供たちのために開催。今年度は村外の人を呼び込むための体験ツアーなども計画している。
 曽爾村は昭和のころから茅葺き屋根用のススキを育て、収穫する茅場として栄えた。太良路地区にはススキの出荷組合があり、地域の民家のほか、伊勢神宮など村外の文化財にも活用されてきた。
 十数年前に、組合員の高齢化やススキの生育不良により組合が解散。以降、ススキの保存活動は地域住民有志が担っている。
 同村は地元の子供たちにススキの良さを知ってもらおうと、国立曽爾青少年自然の家と1月20、21日にワークショップを開催。曽爾小中の4~7年の児童生徒約30人が、神戸市の茅葺き職人、相良育弥さん(43)の指導を受けながら、鎌で刈り取ったススキで、茅葺き小屋を完成させた。
 子供たちは小屋の中に入って「意外と暖かい」と喜んだ。同村で生まれ育ち「子供のころは高原は格好の遊び場だった」という寺前健史さん(61)は「ワークショップがススキに関心を持ってもらうきっかけとなる」と期待する。
 さらに同村は来年度以降、地域住民や国立青少年自然の家とともに、茅刈りや茅葺き屋根作りの体験ツアーを開催する予定。村外の茅葺き職人らにススキを提供することも検討している。
 同村の担当者は「ヨーロッパで茅は屋根以外にも、室内装飾のインテリアとして受け入れられている。高原に広がるススキの風景を守るためにも、多くの人に曽爾村のススキにふれてもらい、認知度を高めたい」と話している。

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

読もうよ新聞読もうよ新聞

野球教室
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。