奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

「家事万端 妻が師匠の 定年後」・・・男女の「なんで?」を川柳に 作品募集


 性別で判断され「なんで?」と感じたことを川柳に-。県は男女が意欲と能力に応じて生き生きと働き、暮らせる環境をつくろうと男女共同参画社会をテーマとした川柳を募集している。10月31日まで。担当者は「暮らしの中で、『男だから』『女だから』といわれ疑問に思ったことなどを詠んでみて」と呼び掛けている。

 今回で3回目。5・7・5の形式で応募する。前回は約500句の応募があり、「家事万端 妻が師匠の 定年後」、「何事も 得意な方が やれば良い」、「履歴書の 資格に『家事』と 書ける僕」といった11句の入賞作品が選ばれた。

 担当者は「『男女共同参画』という言葉だけを聞いてもいまいちピンと来ない人は多い」とし、「川柳という親しみやすい方法で、男女がともに思いやり、心豊かな生活を送れるよう考えるきっかけになってほしい」と話している。

 働きながら子育てをする女性への支援やワークライフバランスの大切さが指摘される中、県内では、性別により固定的な役割を求める意識がなお高いのが現状だ。

 女性の社会参加について県が昨年実施した意識調査では「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」との考えにほぼ半数が「賛成」と答えたことが分かった。女性の就業率が低く、家事や育児の負担が女性に集中する傾向のある県では、こうした意識面での改革も必要となっている。

 川柳は年齢や性別、居住地も不問で、県女性支援課のホームページ(http://www.pref.nara.jp/1658.htm)の応募フォームからメールで応募するほか、応募チラシの申込用紙に記入のうえFAXか郵送する。

 来年2月に表彰式が行われ、入賞者には最高2万円分の商品券が贈呈される。入賞作品は今後、啓発パネルにするほか、県女性支援課のホームページにも掲載する予定。問い合わせは同課(電0742・27・8729)。

【関連記事】母そっと渡す帰省料金、妻のナビ画面ナビよりよく喋る…「高速道路川柳」を発表

【関連記事】【浪速風】「かかあ天下」もいいじゃないか

【関連記事】「耐えました 結婚記念日 10臭年」 足クサ川柳の〝有臭〟作を発表

【関連記事】スマホで高齢者を支えます、県がアプリ開発

【関連記事】今も昔も三十一文字「私からあなたへの万葉集」 奈良・明日香村で入選発表会

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。