奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

万葉集に影響受けた斎藤茂吉の作風を解説 万葉文化館で記念講演


 明日香村の県立万葉文化館で22日、開館14周年を記念したフォーラムが開かれ、東京大の品田悦一(よしかず)教授が「『万葉調』の虚像と実像-斎藤茂吉における已然(いぜん)形の異常な用法-」と題した講演を行った。万葉集の愛好者ら約150人が熱のこもった話に聞き入った。

講演する品田教授

講演する品田教授

 品田教授は古代日本文学(歌謡と和歌)などが専門。この日は、万葉集に影響を受けた歌人、斎藤茂吉の作風について、これまでの研究をもとに講演した。

 「万葉集の語法を現代によみがえらせた」とする斎藤茂吉に対する一般的な評価について品田教授は、茂吉の、已然形という文語体における活用形の使い方に着目し、「茂吉の語法は万葉集の語法とは似て非なるもの」と指摘。

 その上で、茂吉は既成の文法規則にとらわれず、「万葉集に実在しない『万葉語』を創造し、前人未到の表現の領域を開拓した」と評価。異常な言い回しをすることで、「私たちがふだん当たり前と思っている世界に、不気味さや違和感を喚起させる」と話した。

【関連記事】曼荼羅、屏風・・・春日さんのお宝公開 万葉文化館で19日から

【関連記事】より深く地元を知ろう 記紀・万葉ウオーク 10月から

【関連記事】万葉文化館が初のガイドブック刊行 奈良

【関連記事】里中満智子さんの「天井の虹」連載完結記念し奈良・明日香村で作品展

【関連記事】朝顔や水鳥、冷風…浴衣の帯結びを展示 奈良・万葉文化館

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。