奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

あふれる神秘の世界、あなたは体感しましたか? 「藤城清治 光のメルヘン展」


 90歳を超えてなお精力的に創作活動を続ける影絵作家、藤城清治さんの作品を集めた「藤城清治 光のメルヘン展」。会場の県立美術館(奈良市登大路町)には過去の作品から県内の社寺を題材にした最新作まで約270点が並び、訪れる人たちを魅了している。

水と鏡を使い神秘的な風景を演出する「大神神社」

水と鏡を使い神秘的な風景を演出する「大神神社」

 藤城さんといえば童話をテーマとした作品やオリジナルキャラクターのケロヨンなどメルヘンチックな世界観の作品で知られる。今回はこうしたイメージとは異なる重厚で荘厳な作品もあり、新たな「藤城ワールド」が垣間見られる。

 県立美術館での藤城さんの展覧会は4年ぶり。当時のスケッチをもとに新たに制作されたのが「東大寺二月堂」「興福寺五重塔」など県内の社寺を題材にした影絵。「雪の室生寺」はフィルムを重ねて遠近感を出し、白く染まる室生寺を幻想的に浮かび上がらせた。また、「大神神社」は三輪山の奥から顔を出した朝日が三ツ鳥居と拝殿を照らす風景を、鏡と水を使い神秘的なシーンを演出。従来のファンタジーの世界とは異なる雰囲気を醸し出している。

巨大さに圧倒される「日本一大阪人パノラマ」

巨大さに圧倒される「日本一大阪人パノラマ」

 17日に92歳の誕生日を迎える藤城さんは昨年に2度の手術を乗り越え、「今まで以上に生きる力と喜びが作品の中に生まれてきた」と語り、「法隆寺金堂 釈迦三尊像」といった仏像にもはじめてチャレンジできたと振り返る。

 また今回は藤城さんの70年にわたる画業を270点の影絵、油彩、水彩などでたどる展示で、21年に渡って制作を続けたというイタリアの聖人を題材にした「アッシジの聖フランシスコ」の原画や、横6メートル、縦3メートルの壁一面に通天閣やあべのハルカスといった大阪の象徴的な建造物を配した圧倒的なスケールの「日本一大阪人パノラマ」も展示している。

 さらに、動く影絵とその仕組みを併せて楽しめる「ミニ影絵シアター」もあり、藤城さんが監修したストーリー性のある展示構成で、一歩踏み入れると「藤城ワールド」が全開となる。

ファンタジーの世界を描いた「日輪」

ファンタジーの世界を描いた「日輪」

 7月3日まで。開館は午前9時~午後5時(金曜と土曜は午後7時まで)。観覧料は一般1400円、高校・大学生千円、小学・中学生500円。月曜休館(ただし5月2日と6月13、20日は開館)。

 主催は県立美術館、奈良テレビ放送、産経新聞社、関西テレビ放送で構成する実行委員会。休日を中心に混雑が予想される。

 問い合わせは県立美術館(☎0742・23・3968)。

 展覧会の公式ホームページ(http://www.ktv.jp/event/fujishiro_nara/index.html)でも混雑状況の情報を掲載している。

『雪の室生寺』ⓒSeiji Fujishiro/Hori Pro 2016

『雪の室生寺』ⓒSeiji Fujishiro/Hori Pro 2016

【関連記事】

あの感動再び 影絵作家「藤城清治 光のメルヘン展」 県立美術館で開催中

おとぎ話の世界満喫 「藤城清治 光のメルヘン展」開幕 奈良テーマの新作も

【動画】影絵作家、藤城清治さんの展覧会「光のメルヘン展」始まる

【話の肖像画プレミアム】藤城清治(91)=影絵作家=「暮らしの手帖」連載のきっかけは、停電

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

動く影絵のしくみがわかる「ミニ影絵シアター」

動く影絵のしくみがわかる「ミニ影絵シアター」

「法隆寺金堂 釈迦三尊像」ⓒSeiji Fujishiro/Hori Pro 2016

「法隆寺金堂 釈迦三尊像」ⓒSeiji Fujishiro/Hori Pro 2016

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ