奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

飛鳥・藤原の昔の姿残そう、古い写真捜索中 寄付も募る


 飛鳥・藤原地域の風景を後世に残そうと、県は昭和45年以前にこの地域で撮られた写真を全国から募集している。集まった写真を活用する事業を実施するための資金を、クラウドファンディングで募集。目標額は100万円で、集まった写真は保存のうえ観光PRや地域学習、研究資料として活用するほか、展示会も予定している。

昭和47年に撮影された高松塚古墳(県提供)

昭和47年に撮影された高松塚古墳(県提供)

 カメラが一般家庭に普及する前に撮られた貴重な写真を保存しようと、県文化財保存課が企画。かつての史跡周辺の景色を保存して整備や補修の参考にするとともに、観光PRなどに活用するのが目的だ。集まった写真は専門家が吟味して選抜、来年3月に開く展示会に並べる予定という。

 クラウドファンディングは、インターネット上で不特定多数から寄付を募る仕組み。寄付は500円から可能で、3千円で現在と過去の飛鳥・藤原地域の写真をセットにした「パソコン用壁紙」を贈呈。5千円以上なら展示会への招待やポストカードなどをプレゼントし、1万円以上の寄付には展示会の写真集が贈られる。5万円以上には、文化財専門職員とめぐる歴史ツアーがプレゼントされる。

昭和38年の発掘調査中の伝飛鳥板蓋宮跡(県提供)

昭和38年の発掘調査中の伝飛鳥板蓋宮跡(県提供)

 寄付の募集は9月30日までで17日現在、9人から24万6千円が集まっている。寄付の詳細は専用ページ(http://japangiving.jp/p/2741)で確認できる。問い合わせは県文化財保存課(電0742・27・9864)。

【関連記事】天武天皇も出入りした? 古代の〝迎賓地〟飛鳥京跡苑池で門跡

【関連記事】三宅町にはこんなに古墳があるんです 観光資源に活用へ

【関連記事】取材秘話も披露、記者と行く「海道東征」ツアー 10月21日に開催

【関連記事】藤原宮跡「役所エリア」で楼閣か倉庫の建物跡出土

【関連記事】奈良・藤原京内大型建物跡 京の南端に宮殿級遺構…深まる謎

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ