奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

河瀬直美監督涙の訴え 「ならシネマテーク」も運営危機 奈良市の補助金カットで


 奈良市の今年度の補助金が全額カットされ、5月末までに1千万円を目標に寄付を募っている「なら国際映画祭」。市は、関連企画の移動型映画館「ならシネマテーク」への補助金(600万円)も全額削除したため、実行委は6月以降、料金値上げなども視野に対応を検討している。8日に県文化会館で始まった今月の上映会では、河瀬直美監督があいさつし、「初心は間違っていない。たくさん実った実を成長させたい」と涙ながらに支援を呼びかけた。

上映前、市民らに「人生を豊かにするもの」と支援を呼びかけた河瀬直美監督

上映前、市民らに「人生を豊かにするもの」と支援を呼びかけた河瀬直美監督

 この日朝の上映会には約30人が来場。河瀬監督は現状を報告し、「映画を見終わって外に出ると心が豊かになり、『困っている人に手助けしよう』という気持ちもわく。それが増えていくと、世の中が良くなっていく」などと語り、シネマテークの重要性を訴えた。

 奈良市では平成22年、近鉄奈良駅近くにあった映画館が閉館し、市内の映画館は「ゼロ」に。県庁所在地で映画館がないのは山口市と奈良市のみで、「市民が映画文化に触れる機会を」と25年4月から「なら国際映画祭実行委」がシネマテークを企画運営している。

 毎月1度、週末の3日間に、市内でさまざまな作品を上映。「昔ながらの映画文化を残そう」と、近年では希少な35ミリフィルムで上映したり、上映作品の監督を招聘してのトークや作品解説も。鑑賞料は500円と格安で、年間パス会員(会費4千円)も増加、来場者数は27年度で延べ約4170人を数えた。増加する来場者に対応しようと、今年からは定員100人規模の会場で開催している。

 奈良市の補助金カットでシネマテークは総事業費(約900万円)の7割近くが不足するため、実行委は会場や上映作品を手配済みの4、5月は予定通り実施するが、6月以降の開催は、来週の臨時会で検討する予定。ただ、運営スタッフはほぼボランティアのため、事業費の大半は配給会社に支払う作品レンタル料(平均月10万円)や会場費、機材費などの必要経費だといい、値上げや上映回数を削減せざるを得ない見通しという。

 来場者からはシネマテークについて、「映画を観る機会と仲間との出会いをくれた」「なくなるのはもったいない」との声や、「観光都市なのに、文化を大切にしてくれない行政は悲しい」との意見もあった。

 今後の見通しが不透明なならシネマテーク。この日は、次回の「予告編」を初めて流すことができなかった。実行委員長は上映後、「人と人をつなげる場をつくることは、文化の果たす役割。今後も驚きと感動に満ちた映画をお届けしたい」と締めくくった。

【関連記事】

「つぼみ絶やしたくない」 河瀬監督が「なら国際映画祭」支援の1千万円寄付募る

河瀬直美監督提唱の「なら国際映画祭」ピンチ 奈良市が補助金全額カット

【映画作家、河瀬直美の好日便り】「萌の朱雀」ロケ地に「みちるロード」

【映画作家、河瀬直美の好日便り】「イエス、ノー」でなくアジアの価値観で

火葬場移転 再議でもダメ 環境影響調査費以外認めず 奈良市議会

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
SANKEI EXPRESSSANKEI EXPRESS
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ