奈良伊賀地域で産経新聞の購読試読・求人案内。

産経新聞 奈良県伊賀地区専売会産経新聞 奈良県伊賀地区専売会

産経新聞グループ各紙のご購読はこちら 0742-24-2214

専売会について専売会について各専売店の紹介各専売店の紹介地域貢献地域貢献求人内容求人内容購読・試読サービス購読・試読サービス

sanbai-02.jpg

医学を基礎にしたまちづくり始動 県立医大中心にMBT研設立


 超高齢化時代の住みやすいまちづくりを目指した「医学を基礎とするまちづくり(MBT)」構想を進めようと、橿原市の県立医大や県、関西電力など産官学による「MBTコンソーシアム研究会」が設立され、記念シンポジウムが同市の橿原神宮会館で開かれた。

MBT構想について説明する県立医科大学の細井裕司学長

MBT構想について説明する県立医科大学の細井裕司学長

 MBT(Medicine-Based Town)構想は、同大の細井裕司学長が提唱。平成33年に教育、研究部門を移転する橿原市の県立医大周辺や同市今井町で医療環境を充実させ、高齢者が住みやすいまちづくりと新産業創出を目指すとしている。昨年12月、賛同する県や橿原市、関西電力、凸版印刷、南都銀行、早稲田大学などが連携して設立された。

 21日に開かれた記念シンポジウムには、約290の企業、団体などから計約630人が参加。細井学長は、医学的知識を企業に提供して共同研究や新製品開発に結びつけることによる新産業創出や、今井町内に並ぶ空き家をゲストハウスやリハビリ施設に活用する「まちなか医療拠点」構想などを説明。「MBTモデルを奈良だけでなく関西、ひいては全国に広げていきたい」と語った。

 続いて、東大高齢社会総合研究機構の辻哲夫特任教授が「超高齢社会におけるまちづくりの展望」をテーマに講演。千葉県柏市での地域包括ケアシステムや在宅医療の施策などを紹介し、「MBTは素晴らしい構想。新しい社会のあり方を作り上げるために、大学と企業が連携しなければならない」と述べた。

【関連記事】

医大生が院内学級で高校生の学習支援 浮かび上がる制度への期待と課題

橿原市中心部どう変わる? 「3大事業」を検証する

もしも、大規模災害、大事故起きたら…救命技術競うメディカルラリー初開催

健康づくり施設、今春オープン 橿原の新沢千塚古墳群公園整備の一環

「暮らしに満足」減少 心配は老後の生活と自分・家族の健康 県民アンケート

(関西のニュースは産経WEST http://www.sankei.com/west/west.html)

求人情報求人情報
購読・試読のお申込み購読・試読のお申込み
お問い合わせお問い合わせ

産経新聞各紙
産経新聞産経新聞
サンスポサンスポ
Business iBusiness i
夕刊フジ夕刊フジ

グループ各紙
月刊TVnavi月刊TVnavi
MOSTLYMOSTLY
正論正論
週刊ギャロップ週刊ギャロップ

サンスタジオ奈良・八木サンスタジオ奈良・八木

産経でんき産経でんき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。